最新記事
特集記事

生理休暇取得1%割れ 男女雇用機会均等法も影響


労働基準法で定められた生理休暇を取得する女性従業員の割合が、0・9%にまで低下していたことが25日、厚生労働省の調べで分かった。ピーク時の26・2%(昭和40年)から大きく減少。男性と同様に働く女性が増加する一方、妊娠・出産に向けた母性の保護の後退が改めて浮き彫りになった。

http://www.sankei.com/life/news/170526/lif1705260042-n1.html

ソーシャルメディア
まだタグはありません。
タグから検索
アーカイブ
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square

© 2017-2019 by natural rights inc.

  • w-facebook
  • Twitter Clean