最新記事
特集記事

Yahoo!個人ニュースを配信しました。「産休制度もなく保育園申請ポイントも低い。増えているフリーランスの仕事復帰に立ちふさがる高き壁とは」


働き方の多様化にともなって、フリーランスで働く人が増えている。その数は国内で推計1100万人余りとも言われている。一方で、フリーランスや経営者の女性の多くは、雇用関係がなく雇用保険に加入できないため育児休業制度がない。また、国民健康保険への加入であれば、産前産後の休業制度もない。

これまでは、このような状況で妊娠・出産・育児をしながら働き続けたいと願う女性は、マイノリティとされ黙殺されるか、自己責任とされ議論に上げてもらえなかった。働き方が多様化し、フリーランスの形態で働く人が増えてきた今、このような女性たちにも目を向けて欲しいと思う。

彼女たちは望んでこの仕事に就いているので、長期の休業制度が欲しいわけではない。働き続けられる道の整備をして欲しいと願っている。これは同じフリーランスで病気やケガ、育児や介護を抱える男性にも通じる話だ。

雇用関係にない働き方だと、どのような課題があるのか、一人の女性弁護士に、実体験を語ってもらった。

https://news.yahoo.co.jp/byline/osakabesayaka/20171222-00079434/

ソーシャルメディア
まだタグはありません。
タグから検索
アーカイブ
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square