最新記事
特集記事

「マタハラ根絶が社会的要請」 地裁、勤務先に賠償命令


育休取得の手続き中に退職させられたとして、歯科衛生士の女性が勤務先の東京都内の歯科医院に対し、地位確認と約800万円の損害賠償を求めた訴訟の判決が22日、東京地裁であった。若松光晴裁判官は「育休取得などの権利を侵害した」と認め、従業員としての地位を確認し、慰謝料200万円を含む約700万円の支払いを命じた。








https://www.asahi.com/articles/ASKDQ5GY5KDQUTIL02P.html

ソーシャルメディア
まだタグはありません。
タグから検索
アーカイブ
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square

© 2017-2019 by natural rights inc.

  • w-facebook
  • Twitter Clean