最新記事
特集記事

Yahoo個人ニュース配信「自民党先輩議員たちからのパタハラ&パワハラが苦しかった。宮崎謙介元議員が今だから言えること」


自身の「育休宣言」によりイクメン議員として名を上げた宮崎謙介元衆議院議員。その後、妻の金子恵美元衆議院議員の出産間際に女性問題を起こし、肩書と中身のあまりのギャップに世間から激しく非難を受け、辞職した。この点については言語道断で、フォローの余地は全くない。

しかし、育休宣言から週刊誌報道までの間に、宮崎さんは自民党内の先輩議員たちから酷いパタハラ(パタニティハラスメント)とパワハラを受けていたという。この時期の宮崎さんにお会いしたことがあったが、確かに沈痛な面持ちで本当に苦しそうだった。

本来、人権侵害やハラスメントを防止するはずの国会議員が、逆に加害者となってハラスメントしていたとしたら、それは問題だろう。一体何があったのか、宮崎さんに話を聞いた。







https://news.yahoo.co.jp/byline/osakabesayaka/20180815-00092395/

ソーシャルメディア
まだタグはありません。
タグから検索
アーカイブ
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square