最新記事
特集記事

Yahoo!ニュース配信「コロナ禍の解雇や雇止め、妊娠中や時短勤務中の従業員にはマタハラになるのか?法律の専門家に聞いた。」


新型コロナウイルスの影響で、勤め先から解雇や雇止めにあった人が、見込みも含めて全国で3万人を超えた。

月ごとに見ると5月以降に急増しており、パートや契約社員といった非正規労働者が多いとのこと。

(参照:新型コロナで解雇・雇い止め 全国で3万人超 5月以降急増

リーマンショックを上回る未曾有の経済難と言われるなかでは、解雇や雇止めがやむを得ない状況もあるだろう。

しかし、その対象者が妊娠中や時短勤務中だった場合、または産休・育休中だった場合はどうだろうか。

どういった場合がマタハラで、どういった場合であればマタハラに当たらないのか。

実際にどんな声が聞こえてくるのか。

労働事件に詳しい師子角允彬(ししかどのぶあき)弁護士に解説していただいた。

https://news.yahoo.co.jp/byline/osakabesayaka/20200708-00186997/

ソーシャルメディア
まだタグはありません。
タグから検索
アーカイブ
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square

© 2017-2019 by natural rights inc.

  • w-facebook
  • Twitter Clean