最新記事
特集記事

Yahooニュース配信「保育士なのに保育園落ちた。待機児童解消を掲げるなら児童手当廃止の前に検討すべき保育士の優先条件」


昨日、政府は一部の高収入世帯の児童手当を廃止すると閣議決定した。

夫婦どちらか高い方の年収が1200万円以上の世帯は、2022年10月支給分から廃止される。

廃止で浮いた費用は、待機児童解消の財源に充てるという。


待機児童解消を掲げるなら、同じ子育て世帯に身を切らせる前に、検討してもらいたい問題がある。

保育士なのに認可保育園に落ちてしまうことがある、という問題をご存知だろうか。


保育士であることは、認可保育園申込みの際に加点の対象となり、優先して認可保育園に入園できると思っていたが、優先されるのは居住自治体で保育士をしている場合のみ、という条件がある。


保育士の優先ルールにどんな問題点があるのか、当事者と行政、厚労省に話を聞いた。


https://news.yahoo.co.jp/byline/osakabesayaka/20210203-00220728/

ソーシャルメディア
まだタグはありません。
タグから検索
アーカイブ
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square

© 2017-2021 by natural rights inc.

  • w-facebook
  • Twitter Clean