産経新聞に小酒部のコメントが掲載されました。『街中で妊婦の暴行事件も マタニティーマーク「不安」3割超』

街中で妊婦の暴行事件も マタニティーマーク「不安」3割超 札幌市の路上で、妊娠中の女性が男に腹を蹴られる事件が起きた。 男は「腹が出ていて蹴りやすいので蹴った」と供述、妊婦と分かった上での犯行だった。 この事件以外にも妊娠中の女性に体当たりしたり、子供を抱いた母親の抱っこひもを外したりする行為なども報告されている。 妊婦や子供連れの母親などに危害を加える行為が後を絶たない。 本来、守られるべき妊婦や子供連れに対しなぜこうした行動に出るのか。 NPO法人「マタハラNet」創設者で会社経営の小酒部さやかさんは、日本人は「迷惑」という言葉に敏感だと指摘。 「『子供は迷惑』という意識が日本社会の根底にあるのではないか。 幸せそうな人に対する嫉妬心や『世の中に迷惑をかけている』と思う人を成敗して優越感を抱くということもある。 暴力や暴言をストレスのはけ口にしている」と分析する。 https://www.sankei.com/affairs/news/200627/afr2006270022-n1.html (2020年6月28日掲載)

産前休暇中に突然解雇の正社員 マタハラ訴訟で初弁論 福岡地裁

産前休暇を取得直後に突然解雇され、無断で健康保険などからも外されていたとして、福岡市中央区の不動産会社に勤めていた女性(26)が、同社に慰謝料など約500万円の支払いを求める訴訟の第1回口頭弁論が22日、福岡地裁(山田智子裁判官)であった。 労働審判で同地裁に解決金200万円の支払いを命じられた会社側が異議を申し立てたため、民事訴訟に移行した。 女性は「妊娠や出産という中で、体力的にも、精神的にもきつかった」と訴えている。 https://news.yahoo.co.jp/articles/c2fe110ee2d099e1b15a5fe74f90d50a88b31288

特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
まだタグはありません。
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square
RSS Feed

© 2017-2019 by natural rights inc.

  • w-facebook
  • Twitter Clean