© 2017-2019 by natural rights inc.

  • w-facebook
  • Twitter Clean

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload

ソーシャルメディア

November 1, 2019

無償化の対象外になった「類似幼稚園」が危機的状況にある。

一体なにが起こっているのか。

「類似幼稚園」の存在と置かれている不平等な立場、差し迫った状況を知ってもらいたく、当事者や文科省を取材した。

https://news.yahoo.co.jp/byline/osakabesayaka/20191031-00148954

October 18, 2019

幼保無償化になって最初の「保活の時期」なので、記事を配信しました。

無償化で認可への希望が殺到し、どれだけ待機児童が増えるのか心配です。
 

認可への希望が殺到することが予測される“今”だからこそ、改めて「認可外」という別の選択肢を見直し、選択の幅を広げるきっかけなればと思います。


横浜市青葉区の寺家町にある「どろん子さん」は、毎日毎日どろだらけになる、“教え込む”ではなく、“遊び込む”。
こんなことができるのは「認可外」だからこそです!


保活するママさんたちにとっても気付きとなり、保活で行き詰ったときの発想の転換になれば、と思います。


...

October 7, 2019

大江戸線の「子育て応援スペース」が好評だとして来年3月までに7編成に拡大が決まった一方で、ネットでは炎上が続いている。

理解が進まない大きな要因はなにか、この活動をしている平本沙織さんと話し合った。

https://news.yahoo.co.jp/byline/osakabesayaka/20191004-00145207/

October 2, 2019

雑誌STORY11月号

「Challenge Story 今、ハラスメントにNO!と言うことが未来を拓く」に掲載されました。

September 30, 2019

認可外保育園では無償化の対象になるママとそうでないママがいて、対象外のママたちが急きょ就活を始めている、という話を聞いた。なぜこのような状況が起こってしまったのか、内閣府に話を聞いた。

https://news.yahoo.co.jp/byline/osakabesayaka/20190930-00144661/

September 18, 2019

カネカやアシックスのパタハラ(パタニティハラスメントの略)や男性育休義務化などが話題になるたびに、記事内でよく記載される「女性の育休は8割にもなるのに、男性の育休はこんなに少ない」という比較の一文。

しかし、日本は未だに第一子の出産を機に約5割の働く女性が仕事を辞めている。

https://news.yahoo.co.jp/byline/osakabesayaka/20190918-00143086/

September 13, 2019

横浜市青葉区にあるアオバ住宅社を手掛ける齋藤瞳さん(40歳/現在)の取り組みが実に面白い。

高齢者、シングルマザー、DV被害者、生活保護受給者など事情を抱えた人ばかりを相手に部屋を紹介し、時にその人たちの仕事の面倒までみるという。

高い仲介手数料を見込めるわけがなく、部屋を紹介するまでに手間と時間ばかりがかかるのに、なぜわざわざ大変な人たちをお客にするのか。

どんな気持ちで取り組んでいるのか。齋藤さんの勇気と挑戦について聞いてみた。

https://news.yahoo.co.jp/byline/osakabesayaka/20190913...