© 2017-2019 by natural rights inc.

  • w-facebook
  • Twitter Clean

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload

ソーシャルメディア

October 24, 2019

保育園の利用料負担が軽減されるはずなのに、逆に負担が増えてしまった――。

10月から始まった幼児教育・保育の無償化で、一部の保護者がそんな「逆転現象」を訴えています。

調べてみると原因は、急ごしらえの国の制度と、自治体がこれまで自主的に進めてきた制度とのミスマッチでした。


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191023-00000012-asahi-soci

October 24, 2019

10月22日(祝・火)10:00~11:30(9:30開場)

場所はアートフォーラムあざみ野にて、「マタハラ×パタハラってなに?」の講演会に代表小酒部が登壇致しました。

当日は雨が酷く降る悪天候でしたが、50名近い参加者にお越しいただきました。

参加者は、

(株)アシックスのパタハラで裁判中の男性や、マタハラで裁判中の女性、以前出産の際に嫌な思いをされたという当事者の方々だけでなく、

学生や高齢者の方々など、世代を超えてお集まりいただけました。

講演最後の質疑応答がとても盛り上がり、講演の予定時間を過ぎてしまったほどでした。

また、参加者の女性が...

October 18, 2019

幼保無償化になって最初の「保活の時期」なので、記事を配信しました。

無償化で認可への希望が殺到し、どれだけ待機児童が増えるのか心配です。
 

認可への希望が殺到することが予測される“今”だからこそ、改めて「認可外」という別の選択肢を見直し、選択の幅を広げるきっかけなればと思います。


横浜市青葉区の寺家町にある「どろん子さん」は、毎日毎日どろだらけになる、“教え込む”ではなく、“遊び込む”。
こんなことができるのは「認可外」だからこそです!


保活するママさんたちにとっても気付きとなり、保活で行き詰ったときの発想の転換になれば、と思います。


...

October 16, 2019

日本でも折に触れて社会問題となるマタハラ。

女性の社会進出が進んでいるアメリカでは、妊婦差別もないと思われがちだが、そんなことはない。

先週、多くの女性たちが自分のマタハラ経験談をツイッターで訴えた。

きっかけは、大統領選で支持率急上昇のウォーレン上院議員のあるツイートだった。

妊娠を理由に解雇された

「私が22歳の時でした。教師としての1年目を終えた頃、私のお腹は大きくなり、妊娠しているのは誰の目にも明らかでした。

そして校長に言われたのです。

来年は違う人を雇うから君はもういいよ、と。このような経験をした女性は多いはずです」

https://h...

October 10, 2019

小泉環境大臣が育児休業をするかどうか、関心を集めそうだが、現実社会における育児休業はお寒い状況―。

そんな実態が、日本労働組合総連合会(略称:連合、東京)が実施した「男性の家事・育児参加に関する実態調査」で分かった。

調査対象は、同居している子どもがいる全国の25歳~49歳の有職男性1,000人。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191010-00000001-ovo-life

October 7, 2019

大江戸線の「子育て応援スペース」が好評だとして来年3月までに7編成に拡大が決まった一方で、ネットでは炎上が続いている。

理解が進まない大きな要因はなにか、この活動をしている平本沙織さんと話し合った。

https://news.yahoo.co.jp/byline/osakabesayaka/20191004-00145207/

October 2, 2019

雑誌STORY11月号

「Challenge Story 今、ハラスメントにNO!と言うことが未来を拓く」に掲載されました。

Please reload

  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square