© 2017-2019 by natural rights inc.

  • w-facebook
  • Twitter Clean
Please reload

最新記事

毎日新聞に掲載されました。「<日本女性会議>金沢で開幕「ハラスメント傍観しないで」」

October 13, 2018

1/5
Please reload

特集記事

フリーランスに失業保険 政府・損保が創設  対象1000万人

March 15, 2017

代表小酒部はフリーランス(個人事業主)や経営者が守られていないことも問題だと発信しています。 

政府が動き出しました。動向を見守りたいと思います。

-----------

 

政府は特定企業に属さずに働くフリーランスを支援するため、失業や出産の際に所得補償を受け取れる団体保険の創設を提言する。

損害保険大手と商品を設計し、来年度から民間で発売してもらう。

政府は契約ルールを明確にしたガイドライン作成を企業に求めるほか、教育機会の拡充も検討。

介護や子育てを理由に自宅で働く人も増えており、若年層や女性の多様な働き方を支える。

 

フリーランスは、複数の企業と特定業務で契約したり、個人事業主として働いたりする働き手を指す。

IT(情報技術)の進化で米国などでは急増しており、日本でもシステム開発やウェブサイトの制作を手掛けるデザイナーや技術者、翻訳家、ライターなどフリーで働く人が増えてきている。女性の活躍も目立つ。

 

 ただ日本では企業の正社員として働いていない人については、社会保障制度が手薄な面がある。契約が満了を迎えると収入が途絶えるといったリスクも大きい。

 

 そこで政府はフリーで働く人への支援を手厚くする。柱の一つが所得補償保険の創設。損保大手と専用の商品を開発し、契約がなくなった場合にも所得を得られるようにする。今年発足した業界団体「フリーランス協会」に加入すれば、保険料が最大5割軽減される団体割引の仕組みとする。

 

 

http://www.nikkei.com/article/DGXLASDF13H17_T10C17A3EA1000/

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

ソーシャルメディア

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload

タグから検索