育休取得申し出の男性社員を一喝した部長はマタハラか

育児休業は、養育する子が1歳になるまでの間、働く人の申し出により取得できます。しかし例えば妻の出産直前に、周囲への影響や負担を考えず「権利だから」と突然申し出を行えば…… 産休育休の制度を利用する側のマナーも必要です。 「お妊婦様」「お殿様」と揶揄されないよう、気持ちよく制度の利用をサポートしてもらえるよう、社会人としての常識を守りましょう。 https://mainichi.jp/premier/business/articles/20170427/biz/00m/010/005000c?inb=tw

なぜメルカリは、全力で「ダイバーシティ」を推進したのか?

フリマアプリを提供する「メルカリ」。創業3年で社員300人以上という急成長企業だ。20~30代が多く、育休・産休を取る女性社員も多い。育休・産休中の社員の社員制度給与を100%保証するなどの社員制度「メルシーボックス」を16年2月に導入して話題となっている。同社がダイバーシティに力を入れる理由とは? まさにエンプロイヤーブランディングで他社との差別化を図っているこれからの経営戦略のあり方です。 https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170425-00021920-president-bus_all

<妊娠中被害>心理的なDV、産後うつ5倍 東京医歯大調査

妊娠中にパートナーから言葉の暴力などの心理的ドメスティックバイオレンス(DV)を受けると、子どもが生まれた後に「産後うつ病」になる可能性が約5倍に高まるとの調査結果を、藤原武男・東京医科歯科大教授(公衆衛生学)らがまとめた。 マタハラで心無い言葉を繰り返し言われるのも、心理的DVのように思います。 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170424-00000008-mai-soci

「残業時間は減るのでしょうか」連合の神津会長を直撃!

残業100時間が一人歩きしていますが、今回の「働き方改革」のポイントは「残業時間の罰則付き上限規制」が盛り込まれたこと。また、原則は月に45時間。 今後実効性のあるものになっていくことを願うばかりです。 http://diamond.jp/articles/-/125647

育児・介護の離職者再雇用に助成金 厚労省、最大1人48万円

厚生労働省は育児や介護で離職した従業員の再雇用を進める企業を支援する。離職者を再雇用してから半年以上雇い続ければ、中小企業であれば1人あたり最大年48万円までの助成金を企業に支給する。 2015年の調査によると、働く女性の5割は出産を機に離職する。厚労省は企業への支援で離職者の再雇用を後押ししたい考えだ。 厚労省は4月から制度の運用を始めた。対象は離職者の再雇用制度を導入し、その制度を使って従業員を長期間雇った企業だ。 企業は再雇用された従業員のうち最大5人分まで助成金を受け取れる。 助成額は企業の規模によって異なる。大企業の場合は1人あたり年28万5000円。2人目以降は1人あたり年19万円になる。中小企業の場合は1人年38万円。2人目以降は1人あたり年28万5000円。厚労省は中小企業に手厚く支援をする。成長している企業は一定の条件を満たせば助成金を約1.2倍に増やす。 厚労省は従業員の長期雇用につなげるため、再雇用された従業員が6カ月以上勤めた場合と1年以上勤めた場合の2回に分けて助成金を支給する。 http://www.nikkei.com/article/DGXLASDF17H0W_U7A400C1EE8000/

特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
まだタグはありません。
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square
RSS Feed

© 2017-2019 by natural rights inc.

  • w-facebook
  • Twitter Clean