Yahoo!ニュース配信「不妊治療で子どもを望んでいるなか子育て社員の業務をフォロー、制度のありなしで苦しむ女性たち」

子育て中の社員が職場に増えれば、その社員の業務のフォローをする社員は、子どものいない社員となることが増える。 男性育休が義務化となれば、ますますそのような状況となることだろう。 今月、9月16日に厚労省記者クラブにて「子どもがいないことを理由に職場で不快な経験をされた男性&女性へのアンケート調査」が発表され、子育て中の社員の業務をフォローしている、子どものいない社員からの声が明らかになった。 今まで「ないことにされる」あるいは「仕方ない」とかき消されて来た声に、スポットライトを当てる調査だった。 子どもがいない理由には、積極的に望まないこともあれば、望んでいたのに流産・死産で亡くしていたり、不妊治療したのに得られなかった場合も当然ある。 妊娠にまで漕ぎ着けることができれば、産休・育休・時短勤務などのサポート制度があるが、不妊治療と仕事の両立をサポートしてくれる制度を導入している企業は極めて少ない。 同じように子どもが欲しいと願っていても、実際に妊娠するかしないかの境は、業務のフォローをされる側かする側かの境界線にもなる。 実際の職場ではどんなことが起こっているのか。不妊治療をしながら、子育て中の社員の業務をフォローした経験のある女性2人に取材した。 不妊治療の保険適用は素晴らしいことだが、仕事と両立できるようなサポート制度の議論も両輪で進めて欲しい。 サポート制度のありなしで苦労する女性たちの実態を知ってもらえたらと願う。 https://news.yahoo.co.jp/byline/osakabesayaka/20200929-00200493/

Yahoo!ニュース配信「子育て社員の業務フォローで深夜残業や休日出勤。残業手当もタクシー代もない、フォローする社員の実例」

今月9月16日に厚労省記者クラブにて「子どもがいないことを理由に職場で不快な経験をされた男性&女性へのアンケート調査」が発表され、育児中の社員の業務をフォローしている、子どものいない社員からの声が明らかになった。 一般的にこの手のテーマは、子どものいる女性VS子どものいない女性の問題、という対立軸で捉えられ、炎上してしまうことが多い。 しかし、このアンケート調査を行った市民団体「ダイバーシティ&インクルージョン研究会」が、「これはマネジメントの問題、制度設計の問題」「企業には、フォロー分の評価や対価の対応をして欲しい」「子育て中の社員だけではなく、フレックス制度や在宅ワークを全社員が使えるようにして欲しい」と繰り返し発言したことによって、この調査結果についての記事には好意的なコメントが多く付いた。 好意的に捉えられたもう一つの大きな理由は、やはり実際に業務のフォローをしている社員への共感があったからに思う。 職場ではどんな風にしわ寄せを受けているのか、実例を取材した。 https://news.yahoo.co.jp/byline/osakabesayaka/20200927-00200271/

朝日新聞:「「なぜ子ども作らない」職場で不快な経験 相談しづらく」

朝日新聞デジタル 「なぜ子ども作らない」職場で不快な経験 相談しづらく 子どもがいないことで職場で不快な経験をしても、約4割の人が相談などをしなかった――。そんな調査結果を、職場の多様性実現を目指して活動する民間団体「ダイバーシティ&インクルージョン研究会」がまとめ、16日発表した。子どもがいる人といない人の対立にすべきではないとして、企業のマネジメントに対応を求めた。 https://digital.asahi.com/articles/ASN9J5H4BN9JULFA01Q.html 弁護士ドットコム 「育児中の社員のしわ寄せ受けた」 子どもがいない社員の不満、アンケートで浮き彫り フレックスや在宅勤務制度を使えるのは、子育て中の社員だけ。産休、育休の社員が抜けた分をカバーしても評価や対価が得られないーー。子どものいない社員からの強い不満が「子どもがいないことを理由に職場で不快な経験をされた男性&女性へのアンケート調査」によって明らかになった。 https://news.yahoo.co.jp/articles/78b0ae239cf76895c7ef8b55e7d3e36d77fb14fa?fbclid=IwAR1kv2VD-Q6lZ8xrDPOplwXBfHTv6sA7a8SWVCjjb5EreVNvn6Sp6FCr2sc

「子どもがいないことを理由に職場で不快な経験をされた男性&女性へのアンケート」の調査結果

弊社代表、小酒部さやかは任意団体「ダイバーシティ&インクルージョン研究会」のメンバーとして、 9月16日10:30~厚労省記者室にて記者会見を行いました。 会見の内容は、 「子どもがいないことを理由に職場で不快な経験をされた男性&女性へのアンケート調査」の結果発表とそれを踏まえた企業への要望です。 ■調査の概要 【調査期間】 2019年12月10日~1月31日(53日間) 【有効回答数】107件(回答数110件) 【対象】現在15~60歳の方で、子どもがいないことについて、たとえば早く子どもを作るよう急かされたり(不快な経験)、残業を強いられたり(不利益な扱い)といった、不快な経験または不利益な扱いを実際に経験し、以下の3つの条件を満たしている方 <条件> (1)不快な経験または不利益な扱いをされた当時に (2)会社員や団体職員など組織と雇用関係にあった方 (3)結婚している/いないに関わらず、お子さんのいない(いなかった)男性・女性の方 上記3つの条件は「不快な経験または不利益な扱いをされた当時」で、現在は会社員ではない方、現在はお子さんのいらっしゃる方でも、実際に経験された当時に上記3つの条件を満たしていればアンケートの対象となる。 【内容】子どもがいないことを理由に職場で体験した不快な出来事について、大きく以下の3種類の経験の有無や具体的内容について調査 【1】不利益とまでは言えないが、不快であったこと(例:子どもがいないことで人より劣った者として扱われた、なぜ子どもを作らないのか原因を追究された、など) 【2】具体的に不利益を被ったこと(例:残業を強いられる、評価や昇進

Yahoo!ニュース配信「子どもがいないことを理由に不快な経験をしても「なにもしなかった」が半数以上、実態調査が発表された」

「女性活躍推進」「一億総活躍社会」の掛け声のもと、育児と仕事の両立が叶うようになってきた。 私(筆者・おさかべ)も両立を願って、マタハラ(マタニティハラスメント)を社会問題化し、産休・育休の取得、その後の復帰で働き続けられるよう推進してきた。 しかし、それが「ほかの誰か」へのしわ寄せで成り立っているとしたら、それは本当の意味での「一億総活躍社会」ではない。 その「誰か」は今、会社組織の中で「子どものいない人」を指すことが多いように思う。 そして、「子どものいない人」のなかには、子どもを積極的に望まなかった人もいれば、流産・死産・不妊治療の経験者といった子どもが欲しかったのに得られなかった人も当然いる。 組織がある方向に進もうとするとき、その余波を受ける人の存在は「ないことにされる」、あるいは「(その人が不利益を我慢することは)仕方ない」とされがちだ。 さらに、社会規範や先入観によるマイナスイメージがある場合、当事者の思いを表すこと自体が憚られる。 かつては、妊娠・出産・子育てしながら働く女性の声がかき消されていたが、今は子どものいない社員が声を上げづらい状況のように思う。 そのような状況は本来あってはならない。結婚していても、していなくても、子どもがいても、いなくても、すべての人にとって働きやすい社会であるべきで、よりよい職場環境にしていくためには、あらゆる立場の声が必要だ。 9月16日に、「子どもがいないことを理由に職場で不快な経験をされた男性&女性へのアンケート調査」が発表された。 会見した市民団体「ダイバーシティ&インクルージョン研究会」は、「調査は決して対立を招くもので

9月16日(水)10:30~厚労省記者クラブにて記者会見を行います。

私、小酒部(おさkべ)さやかは「ダイバーシティ&インクルージョン研究会」という任意の市民団体の発起人も務めています。 こちらの研究会で、「子どもがいないことを理由に職場で不快な経験をされた男性&女性へのアンケート調査」を実施しました。 子どもがいないことについて、 たとえば早く子どもを作るよう急かされたり(不快な経験)、 残業を強いられたり(不利益な扱い)、 妊娠中もしくは子育て中の社員から不快なことをされたり、といった経験が 実際にある15~60歳の男女を対象としたオンラインによるアンケート調査です。 お答えいただく方は、以下の3つの条件を満たしている必要がある、としました。 <条件> (1)不快な経験または不利益な扱いをされた当時に (2)会社員や団体職員など組織と雇用関係にあった方 (3)結婚している/いないに関わらず、お子さんのいない(いなかった)男性・女性の方 「雇用関係にあった」と条件を設けたのは、この調査結果を踏まえ、企業の方々に啓蒙したいと考えているからです。 実態調査の結果と合わせて、企業への要望をまとめましたので、下記の概要で記者会見をさせていただきます。 是非お越しくださいませ。 報道関係者の方々、またそれ以外でもご関心ある方のご参加をお待ちしております。 なお、9月14日〜20日は欧米が中心で展開されている「World Childless Week」です。

特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
まだタグはありません。
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square
RSS Feed

© 2017-2019 by natural rights inc.

  • w-facebook
  • Twitter Clean