Yahoo!ニュース配信「仕事×育児×病気の両立。5回のがん再発と闘いながら、東大病院の放射線科医を務める女性の生きる力」

5年生存率3割。 再発すればその確率はさらに下がると言われる中、5回の再発を乗り越え、今も東大病院で放射線診断医を務めている前田恵理子さん(43歳)。 肺癌を発症したのは5年前の37歳の時。 一人息子は当時わずか4歳だった。これだけでも大変な生活なのに、彼女のエネルギーには感服する。 がんになってからも数々の講演にも立ち、小児被ばく低減の第一人者として国内外のガイドラインなどの執筆にも当たる。 趣味も忘れず、ヴァイオリンではプロはだしの腕前を披露し、最近では幼少より興味を持っていた気象の勉強にもいそしんでいるそうだ。 今年に入って5度目の再発である脳転移の手術で、視野の右半分を失ってしまったが、それでもこの8月には、気象予報士試験に挑戦した。 彼女のエネルギーは、一体どこから来るのだろうか。彼女の生きる力とは何なのか。本人に話を聞いた。 https://news.yahoo.co.jp/byline/osakabesayaka/20200830-00195669/

Yahoo!ニュース配信「マタハラで死産、訴訟するも因果関係を認められず女性教師が敗訴。経緯と女性が伝えたかったことをまとめた」

60代の男性校長に妊娠の報告をし、出血や流産の兆候を詳しく理解してもらうのは難しいことに思います。 言った、言わないの食い違いを無くすためにも、第三者の立ち合いや専門機関の設置などの検討をして、どうしたらこのような出来事が起こらないか、教育委員会に考えてもらえたらと記事にしました。 https://news.yahoo.co.jp/byline/osakabesayaka/20200825-00194844/

Yahoo!ニュース配信「夜の街を上回り家庭内感染が最多。夫がコロナ、妻と子どもはどう対応するのか。経緯や要点を当事者に聞いた」

全国の1日の感染確認が初めて1000人を超え、大阪、愛知、福岡、京都、沖縄、岐阜、三重、栃木、徳島の9府県で過去最多を更新している。 今や誰でも感染する可能性がある新型コロナウイルス。 実際に家族がコロナに感染したら、自分が感染したら、一体どういう流れになるのかをイメージしておく必要があると思う。 そこで、夫がコロナに感染し入院した経験をもつ30代の女性(地方在住)に話を聞いた。 彼女は保育園に通う子どもと夫の3人暮らしで、自身もパートで仕事をしている。 どのような流れで夫の感染が分かったのか、夫が感染したら家族はどのように対応すればいいのか、どんなことが不安だったかなど女性の話を記事にまとめた。 https://news.yahoo.co.jp/byline/osakabesayaka/20200801-00190785/

特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
まだタグはありません。
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square
RSS Feed

© 2017-2019 by natural rights inc.

  • w-facebook
  • Twitter Clean