Yahoo個人ニュース配信「産休育休制度の利用をフォローする社員には、子どもが欲しくても授からない女性もいることを考える」

産休・育休制度を利用する女性がいる一方で、制度の利用をフォローする社員のなかには、子どもが欲しくても授からなかった女性、人知れず不妊治療を続けている女性、死産や流産を経験している女性がいたりする。 制度の利用者にばかりスポットライトが当たり、目にする記事もワーママ対象のものが多いが、時にはそうではない女性にも思いを馳せてもらえたらと思う。 少しでも思いを馳せれば、自分だけのことしか考えない権利主張の“お妊婦様”や“モンスターワーママ”にはなれないだろうし、管理職や会社側も業務の配分や心配りを意識するようになるのではないだろうか。 不妊治療をしながら働く女性の実態に詳しい、NPO法人Fineの松本亜樹子理事長にお話を伺った。 https://news.yahoo.co.jp/byline/osakabesayaka/20180530-00085720/

Yahooニュース配信「不妊治療で傷付く言葉の数々。子どもが欲しいことを諦める勇気、自身の経験から支援団体を運営する思いとは」

産休・育休制度を利用する女性がいる一方で、制度の利用をフォローする女性のなかには、子どもが欲しくても授からなかった女性、人知れず不妊治療を続けている女性、死産や流産を経験している女性がいたりする。制度の利用者にばかりスポットライトが当たり、目にする記事もワーママ対象のものが多いが、時にはそうではない女性にも思いを馳せてもらえたらと思う。 不妊に悩む女性はどんな言葉に傷付いているのか。数多くの不妊に悩む女性に寄り添い、不妊当事者の支援団体NPO法人Fineを立ち上げた松本亜樹子理事長にお話を伺った。 松本さん自らも不妊治療の経験をされ、そのネガティブな面を公表して治療への理解を社会に広めている。どんな思いから団体を立ち上げたのか。お子さんを諦めた時の気持ちは。ネガティブな面を公表する勇気とは。 https://news.yahoo.co.jp/byline/osakabesayaka/20180527-00085713/

日本の人事部連載企画『「残業ゼロ」と「売上アップ」を同時に実現 社員7人の町工場が本気で取り組んだ「働き方改革」とは』

ここ数年、企業にとって働き方改革が大きな課題になっていますが、残業ゼロを実現した上で売上アップを実現し、全社員に年収600万円以上の高待遇を実践していることで注目を集めている町工場があります。 ワイヤーカット加工技術を使った金属加工業を営む、吉原精工です。 同社ではどのようにして「残業ゼロ」と「増収増益」を続けてきたのでしょうか。 会長の吉原博さんにお話をうかがいました。 https://jinjibu.jp/article/detl/attnrept/1932/

やめたくてやめるわけではない「不妊退職」

仕事と両立しづらい不妊治療 不妊治療をしているカップルは今や5.5組に1組。さらに不妊に悩んだことのあるカップルは3組に1組と決して少なくなく、職場に必ず何人かはいる計算になります。  しかし、その多くは不妊の悩みを周囲の人に話しておらず、それに気付く人はほとんどいません。  働きながら不妊治療をしている女性の大きな悩みは「仕事と治療の両立」です。日本では、今、これが知られざる、しかし、それゆえに深刻な社会課題の一つです。 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180524-00010001-yomidr-soci

Yahooニュース配信「不妊治療中に行われるプレ・マタハラの実態や対策を専門家に聞いた。優良事例JALの不妊治療休職制度とは」

妊娠順番制など妊娠前に行われる“プレ・マタハラ”の一つに、不妊治療中に行われるものがあります。 どんな事例があるか、なぜ起こるのか、女性側・会社側双方の対策などを、この問題に詳しいNPO法人Fineの松本亜樹子理事長にお伺いしました。 また企業の優良事例としてJALさんが導入した不妊治療休職制度についても取材しています。 https://news.yahoo.co.jp/byline/osakabesayaka/20180523-00084181/

議員立法「男女候補均等法」成立 女性の政治参画後押し

国政選挙などで候補者の男女比率を均等にするよう政党に努力義務を課す議員立法の「政治分野における男女共同参画推進法」は16日午後、参院本会議で全会一致で可決・成立した。 国際的に遅れている女性の政治参画の後押しが期待される。 https://mainichi.jp/articles/20180516/k00/00e/010/290000c

<育休復帰>「フルタイム希望」パートの処遇で現場混乱

出産後に職場復帰する女性に対して、会社には育児・介護休業法による一定の配慮が求められますが、処遇などを巡って問題が起こることもあります。特定社会保険労務士の井寄奈美さんが事例をもとに解説します。【毎日新聞経済プレミア】 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180505-00000008-mai-bus_all

妊婦の体調管理どうする? 過酷な労働で流産の危険

女性活躍を進めるには、妊娠期の働き方改革も欠かせない。残業などは体調不良の一因と考えられているが、当事者の悩みは理解されづらい。切実な声に耳を傾けた。 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180504-00010000-otekomachi-life

6割超が我慢「仕事に影響」 働く女性セクハラ調査

財務省事務次官の辞任に発展したセクハラ疑惑の問題を受け、日本経済新聞社は、働く女性1000人を対象にセクハラに関する緊急調査を実施。 被害に遭った女性の6割超が「我慢した」と答え、その多くが「仕事に悪影響を及ぼすから」と相談もできずにいる実態が分かった。 女性活躍の推進には、働きやすい環境が欠かせず、防止対策と併せ意識改革が求められる。 https://style.nikkei.com/article/DGXMZO29923370X20C18A4TY5000?channel=DF130120166018&style=1

特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
まだタグはありません。
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square
RSS Feed

© 2017-2019 by natural rights inc.

  • w-facebook
  • Twitter Clean