「よりよき未来をひらく為に」女性活躍シンポジウム福岡にて登壇

11月22日第3回女性活躍推進シンポジウム 「よりよき未来をひらく為に」~マタハラ解決が日本を救う~ 第1部 小酒部さやか 基調講演 30分 第2部 参議院議員 高瀬弘美氏と小酒部さやかのパネルディスカッション 質疑応答を含め 45分 当日は約200名の方にご参加いただきました。 夜の時間帯にも関わらず、男性にも多くご参加いただき、参加者の意欲が素晴らしかったです。

日経新聞にコメントが掲載されました。

活用したい市民の声とNPO 0歳と1歳の母で、NPO法人マタハラNetの創設者である小酒部さやかさんは「子育てが辛い方もその気持ちをもっと話して欲しい。そして、周囲の人たちも話を受け止めるだけの知識と視野を持ちましょう。子どもは社会の宝。社会全体で育てるという意識が広まって欲しい」と訴える。

パワハラ防止策、企業に義務づけ 厚労省が法制化方針

職場でのパワーハラスメント(パワハラ)を防ぐため、厚生労働省は企業に対し、防止策に取り組むことを法律で義務づける方針を固めた。 経営者側は「指導」との線引きが難しいなどとして反対しているが、増加が続くパワハラ被害を食い止めるには法制化が必要と判断した。 来年の通常国会への関連法案の提出をめざす。 https://www.asahi.com/articles/ASLCH4RZPLCHULFA013.html

特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
まだタグはありません。
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square
RSS Feed

© 2017-2019 by natural rights inc.

  • w-facebook
  • Twitter Clean